にわかサイクリスト登場

アクセスカウンタ

zoom RSS 空気抵抗を考えてみる

<<   作成日時 : 2016/11/17 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、速く走るために必要な空気抵抗について考えてみる。
あまりにも当たり前の事なのだが、基本的なことを再確認するつもりで書いてみたい。

まず、速く走るためには空気抵抗を減らすことが重要だ。
これは、実際に自分で走っていてその重要性を多くく感じている。
その辺の再確認をしてみた。

ライディングポジション別の空気抵抗は、「ロードバイクの科学」によると

ライディングポジション  空気抵抗
------------------------------
立漕ぎ            138%
ハンドル中央を握る    110%
ブラケットポジション    100%
下ハン(腕を伸ばして)   98%
下ハン(腕を曲げる)    92%
下ハン(バーの前を持つ) 80%
ダウンヒルポジション    75%
エアロバー          75%

当然だが、前方投影面積が小さいほど空気抵抗が低い事が解る。
なので、少しでも小さくなることが重要になってくる。

空気抵抗は、速度の2乗に比例し、パワーは3乗に比例すると言われている。
という事は、20kmから40kmに速度が2倍に上がると、空気抵抗が4倍に、速度を維持するために必要なパワーは8倍にも上がってしまうのだ。
なので、速度が上がってくるとどんどん脚がきつくなってくる。
脚の筋力を鍛えるのもいいが、ポジションを研究することも重要だという事が解る。

少しでも前方投影面積が小さくなるようにエアロバーを握るか、ダウンヒルポジションで体を水平にすることが重要という事になってくる。

また、この際は肘を内側に入れたり、膝も内側に入れ、たり、ペダルを水平にするするとよりいいらしい。

先日のチーム練習で、坂の下りで仲間に差を付けたのは、この辺のポジションをとるかとらないかが大きい差になって表れていたのだった。

普段から意識して低いポジションをとるようにしていかないと、いざという時に差がついてしまうんだよね。
画像


こうなってくるとTTバイクでなくても、ロードバイクにDHバーを付けるだけでもいいような気がしてくるのだが・・・。
画像


次回は、それでもTTバイクが速いのだ、というところを探ってみたい。

そろそろ結論が近いのかな???と待ち遠しくなってきた方もそうでない方も応援のクリックを頂けると嬉しいです。(^^♪


ブログ更新とトレーニングの励みになります。 一日一回応援のクリック、宜しくお願いします。
  ↓  ↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
  ↓  ↓

トライアスロンランキングへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空気抵抗を考えてみる にわかサイクリスト登場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる