にわかサイクリスト登場

アクセスカウンタ

zoom RSS 片手クロールで溺れそうになった…

<<   作成日時 : 2016/12/27 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、リカバリーを兼ねて片手クロールを一生懸命泳いでみた。
その理由は、左手がグライドしてからすぐに下がってしまうからだ…。

以前から分かっていたのだが、先日のレースの後にコーチにも指摘されたのがきっかけで、本格的にフォームの改造をしてみたくなったからだ。

そして、片手クロールをしてみた。
右はそこそこできるのだが、左手が全然だめだ。

出来ないのは、手が落ちてしまう以前に腰が落ちてしまい顔を持ち上げて息継ぎをしているせいで全然うまくいっていなかったのだ…。

理由はほかにもあると思うが、基本的に腰が落ちる⇒首だけで回そうとして頭が上がる⇒うまく息が吸えない。⇒溺れそうになる、という図式になっていた。

そこで、何かが足りないことが後になって分かった。

片手クロールがうまくいかないので、プルブイを股に挟んでプルをやってみた。
意識はするのだが、やっぱり手が落ちる。
そして、頭が上がる。

何回か泳いでいるうちに気が付いた!!

ローリングが足りないのではないか???

ふと気が付いてローリングを入れてみた。
こうすることで体が横を向くので息もし易く、首を持ち上げなくてもよくなった。

さらに、伸ばした左腕に頭を乗っける感覚が出てきた。

これだ!!

この感覚だ、と思い何度も意識しながらローリングしてみた。
今までは、あまりローリングをしていなかったので首だけ回していたところがあるが、ローリングすると体から回ってくれるので楽に息継ぎができる。

そして、頭も沈み水の抵抗も少なくなったような気がする。

この感覚だね。
これを維持できればいいのかも…。

そこで、家に帰ってからネットで片手クロールの動画をあさるようにたくさん見てみた。

やっぱり、ローリングが必要なんだと改めて感じた。
そして、練習方法も、ボードを使った片手クロール⇒片手を前に出した片手クロール⇒反対側の手を腰にもってきて気を付けの姿勢で片手クロール。

この順番にやっていけば、スムーズに片手クロールが出来るようになる。

そうする事で、左手が沈まなくなり、グライドからキャッチ、プル、プッシュとスムーズに流れていくという事が理解できた。

次は、ボードを使った練習からやってみよう、と思った昨日だった。

画像



スイムのレースが終わったのに頑張ってるね!!の応援クリックを頂けると嬉しいです。(^^♪


ブログ更新とトレーニングの励みになります。 一日一回応援のクリック、宜しくお願いします。
  ↓  ↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
  ↓  ↓

トライアスロンランキングへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
片手クロールで溺れそうになった… にわかサイクリスト登場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる